Text Size :  A A A

HOCORUベビマセラピスト養成スクールについて

セルフエスティームTouch協会ベビマスクール のHOCORUでは 「ベビマを文化に!!」を掲げ、 愛と優しさを広めていくベビーマッサージのセラピスト養成講座も開催しております。
すでにHOCORUにて、ベビマセラピスト養成講座を修了し、一緒に活動してくれる多くの素晴らしい仲間が200名以上誕生しました! 私のベビマに対する熱い想いをしっかり受け止め、笑いあり、涙あり、とっても楽しく、でもド真面目に・・・豊かな社会を目指して共に学びました!!
愛を伝える仲間になりたい方、ぜひHOCORUで愛のあるベビマセラピストを目指しませんか?

HOCORUベビマセラピスト養成講座はこんな方にオススメ
 ☆子どもが大好きで愛情がたっぷりな方
 ☆子育ての経験を活かしてお仕事をしたい
 ☆赤ちゃんや子どもに関わるお仕事をしている方
 ☆ベビマを通して癒しを提供したい、教室を開催したい
 ☆自分のお子さまに本格的にベビーマッサージをしたい
 ☆タッチケアを深く学びたい、お仕事に活かしたい
 ☆自分と向き合って幸せな子育てがしたい方
 ☆これからの世界を愛と平和にしていきたい方


















   

HOCORUベビマセラピスト養成講座ではこんなことを学びます!!

理論14時間+実技14時間
カリキュラム計28時間+試験2時間
 *ベビーマッサージの必要性、目的、効果、禁忌
 *オイルの基礎知識、アロマセラピー基礎
 *赤ちゃんの生理解剖学
 *ふれあいとこころ(赤ちゃんとママの心理学)
 *バーストラウマについて
 *ベビーマッサージ実技
 *アロマハンドマッサージ 実技
 *ケーススタディー
 *ベビマParty、教室開催のノウハウ
 *法規について
 *チャイルドマッサージについて
 *すべての人へタッチケアの可能性
 *HOCORUオリジナル講義
    『セルフエスティーム(自尊感情)』

受講料について
  養成講座料 80,000円
 教材費   20,000円 (認定料込み)
 ――――――――――――
 合計    100,000円
  ――――――――――――
マンツーマンの場合+8万円
出張講座は+交通費がかかります。
※過去には苫小牧・富良野・帯広に出張講座開催しました。 地方にも仲間が増えて幸せです

講座終了後(※試験あり)はセルフエスティームTouch協会よりディプロマが授与され、教室を開催するなど、ベビーマッサージの講師として活躍できます。

HOCORUスクールのベビマセラピスト養成講座は手技やノウハウだけでなく、 命や人生そのものの学びです!
まず、ベビマセラピストである私たちが自分の命を愛で、一番身近な人を愛し、 それでこそ周りの人に幸せを注げる存在になりますように。 受講することでベビマセラピストとして活躍できるだけでなく、必ず人生の宝物になると思います。

1人1人が熱い使命感を持ち、プロフェッショナルとして自信をもてるような講座を心がけてます。
アフターフォローやスキルアップ講習、復習会、その他、地方巡業など楽しいイベント(笑)盛りだくさんでございます!!
      
HOCORUベビマセラピスト養成講座に興味のある方は!!

スクールは3ヶ月に1回程度、札幌円山にあるHOCORUサロンで開催されています。その際に説明会を開いていますのでTOPページのNEWSやFacebookなどで随時お知らせしています。
よろしければ、事前にメッセージフォームよりご連絡いただけますと「HOCORUベビマスクール説明会開催のお知らせ」メッセージを差し上げます!!
説明会は堅苦しいものではなく、ベビマParty♪のようにアットホームでお話をしていきます。もちろん、説明会に来たからといって必ずスクールに通わなければいけない・・・なんてこともありませんので、お気軽に遊びにきてくださいね♪

◆HOCORUサロンはコチラ◆
札幌市中央区大通西22丁目1−23
        ル・クラシック22−701号室
地下鉄東西線《円山公園駅》5番出口から徒歩5分
大通りから1本北の通り。シルバーグレのタイル張り8階建てMSです。同じ通りの23丁目に30分100円パーキングあり。


〜受講生からの声〜
富良野よりHOCORUサロンに通ったSちゃん
「2ヶ月間一緒に頑張った仲間がいて、本当に素敵な出会いができて、この2ヶ月ものすご〜い充実しました。子供への愛とか、子供との関わり方、いのちへの責任と覚悟、家族や友達、私が関わらせてもらえる全てに、私なりの軸がつくられた。そんな時間でした。
スクールが始まる前、ベビマからこんなに、ここまで素晴らしいものが学べるとは正直思ってなかった。ホコルのベビマにたどり着けて良かったと、心からかんじます。」